kzm.の雑記帖・・・・mちゃん(夫さん)のこと、日々のこと

kzmblog.exblog.jp

夫さんとの思い出、毎日の生活で感じたことを記録しています。

シャーロック・ホームズ

鹿撃ち帽・パイプのシャーロック・ホームズ。(Sherlock Holmes)
時間をかけたおかげで、丁寧に描けた。

パターンに「S」と「H」、
パイプに煙を隠して。


b0168830_12344134.jpg
b0168830_12390556.jpg


[PR]
# by kzmblog | 2018-06-06 12:29 | ペン画 | Comments(0)

イグアナ

リクエストされたイグアナと守宮。

b0168830_12185490.jpg
b0168830_12130424.jpg
 
b0168830_12131033.jpg
 
b0168830_12131373.jpg
 
b0168830_12131984.jpg
ジャングルっぽく、花や曲線を入れて。
単純なのに好きなパターンは、籠。
好きなパターン集を描いてみようかな。


[PR]
# by kzmblog | 2018-06-05 12:08 | ペン画 | Comments(0)

ツノガエル

メルカリで絵を購入していただいた方から、
注文をいただいた。

絵の注文は実は5回目。
1回目は「花」
2回目は結婚祝いになにか。
3回目はこれまでに描いた「カメレオン」と「守宮」
4回目もこれまで描いた「クジラ」と「カメレオン」

花はいろいろ下絵を描いてみたが、なかなか満足できなかった。
結婚祝いの絵は丁重にお断りした。
「カメレオン」と「守宮」は下絵があったので完成。
でも、自分のその時描きたいものを描きたいなぁと思った。
「クジラ」と「カメレオン」は下絵を廃棄したことでお断りすることになった。

描きたいものを描く。
これはやっぱり大切なのだと思う。

ところで5回目のリクエストは、ツノガエル。
調べてみるとこれがとってもかわいい。

b0168830_22292021.jpg
わあ~。かわいい。
可愛すぎる。
描いてみようかな~。





[PR]
# by kzmblog | 2018-06-04 22:15 | ペン画 | Comments(0)

彼のいない八月が

是枝監督パルムドール記念ドキュメンタリー特集2弾。

1994年作品
~番組紹介文より~
日本で初めて性交渉によるエイズ感染を公表した平田豊さんの生活記録。
闘病記録ではなく、等身大の一人の人間としての孤独や弱さにスポットがあてられている。
ホームビデオを多用し、取材者と被取材者の共有した時間を描いた私小説的ドキュメンタリー。
ギャラクシー選奨受賞。

b0168830_21150293.jpg

徐々に痩せて動けなくなっていく平田さんの姿に、夫さんを重ねてしまう。
もしかして彼の姿を私に見せたくないように彼は突然いってしまったのかもしれない。
「しかし... 福祉切り捨ての時代に 」と続けて観たので
ずっと泣けた。

あした目が腫れないようにと考えなくていい。
泣きながらベッドに入った。












[PR]
# by kzmblog | 2018-06-03 21:16 | 想い | Comments(0)

「万引き家族」がパルムドールを受賞した。
公開記念に日本映画専門チャンネルで是枝監督のドキュメンタリー特集を組んでいた。

1991年「しかし… 福祉切り捨ての時代に」

b0168830_20574496.jpg
~あらすじ紹介より~
フジテレビ系列の長寿ドキュメンタリー番組「NONFIX」の1本。
ギャラクシー賞優秀作品賞受賞。
水俣病和解訴訟の国側の責任者だった環境庁のエリート官僚が自殺した。
山内豊徳53歳。
長年にわたり福祉行政に取り組んできた彼が、なぜ自ら死を選んだのか?
現実社会に押し流されていく時代の中で、
もがき苦しんだ一人の官僚の生と死の軌跡を辿る。


「しかし」

しかし・・・と
この言葉は
絶えず私の胸の中でつぶやかれて
今まで、私の心のたった一つの拠り所だった
私の生命は、情熱は
この言葉があったからこそ
私の自信はこの言葉だった

けれども
この頃この言葉が聞こえない

胸の中で大木が倒れたように
この言葉はいつの間にか消え去った
しかし・・・と

もうこの言葉は聞こえない
しかし・・・
しかし・・・
何度もつぶやいてみるが
あのかがやかしい意欲、
あのはれやかな情熱は
もう消えてしまった

「しかし・・・」と
人々に向かって
ただ一人佇んでいながら
夕日がまさに落ちようとしても
力強く叫べたあの自信を
そうだ
私にもう一度返してくれ



水俣病訴訟の裏で官僚が自殺をしていたことを知らなかった。
感情を抑えて夫の無念を語る妻の表情に、泣いた。

山内豊徳さんは「波の会」の設立にも積極的に関わってくださった方だった。


[PR]
# by kzmblog | 2018-06-03 21:02 | TV・映画 | Comments(0)