カテゴリ:おもいで( 18 )

シートヒーター

この季節になると、なかなか車の中が暖まらない。
特に寒い日は、職場に着くまで寒い中運転することになる。

中古で勝ったこのクルマ、最初はシートは布張り、シートヒータがなかった。
前の車は革張りで、夫さんは、どうも気に入らなかったらしい。
で、ある日、「・・・・・・行ってみない?」ネットで探したシートの張り替え屋さんである。

「ね、かっこよくなるよ」「うむ・・・」
「ね、シートヒータもつくよ」「ううむ・・・・」
「張り替えたいの?」「・・・・・・・うん」

ずーっと家にいる夫さんの楽しみで、しかも私を気遣ってのこと。OKした。

ちなみにいざというと夫さんはケチである。
運転席と助手席だけ、などという。
こういう時、私の方が思い切りがいい。どうせ大枚掛けるならあとから~すればよかったなと思いたくない。
「ええぃ。全シート変えよう!」「ええっ?」

before&after
張り替え屋さんのHPを見ると、ウチの車のbefore&afterの画像が載っていた。
夫さんも観ていたら喜んだろうな。

エンジンをかけてシートヒータONにすると、すぐ背中とお尻があったかくなってきます。
夫さんの温かさだな、と思いつつ毎朝通勤しています。
[PR]
by kzmblog | 2015-01-20 22:24 | おもいで | Comments(0)

16日だ。
あの日から、まだ、611日だって・・・。
87週と2日。
20か月と1日
1年と246日
1年と8か月と1日。

こんなサイトがあるおかげで、ときどき確認する。
異なる日付間の日数、週数、年月数を計算します。生まれてから何日間経ったかも計算できます。
b0168830_0111169.png

日数計算(日付-日付)




こんなに夫さんのことを夢に見ないのは、
いつも夫さんのことを考えているから。とふと思った。

家の中はほとんど一昨年の5月16日のまま、全然整理していないけど、
それでも私が一人で暮らしていくことで少しずつ以前の二人の部屋から変わっていっているのが悲しい。

お世話になった方に小さい胡蝶蘭を送ったついでに、
夫さんに供えるため自宅にも購入した。一ヶ月以上たってもすべての花が元気に咲いている。
毎日花瓶の水替えしなくちゃいけない花束より楽。
水やりは週に1回、コップ2杯。皿に水がたまらないようにする。

花が終わっても花をまた咲かせる事が出来るらしい。トライしたい。
植物はポトスだけしか育てられない私(多肉もサボテンも枯らしちゃう(-_-;))
でも、ランっていいかも。

b0168830_124236.png

[PR]
by kzmblog | 2015-01-16 01:36 | おもいで | Comments(0)

雪の華

本家、中島美嘉の雪の華はぴんと来なかった。
井上芳雄の雪の華を聴いて、歌詞の意味が理解できた。

夫さんと雪の中を歩いたこととか、
コートの肘のところをつまんで歩いたこととか、
よくすべって転びそうになる私をひょいと助けてくれることとか・・・いろいろ思い出す。

仕事の帰り道に星空だと、夫さんは傍にいて見ていてくれるのかな、と思う。
そのワンフレーズ聴きたさに、車の中で何度もリピートする。

b0168830_0125493.png


雪の華by井上芳雄

雪の華

作詞:Satomi/作曲・編曲:松本良喜/歌 中島美嘉

のびた人陰(かげ)を舗道にならべ 夕闇のなかを君と歩いてる
手をつないでいつまでもずっと そばにいれたなら泣けちゃうくらい

風が冷たくなって冬の匂いがした そろそろこの街に 君と近付ける季節がくる

今年、最初の雪の華を ふたり寄り添って眺めているこの瞬間(とき)に 幸せがあふれだす
甘えとか弱さじゃない ただ、君を愛してる心からそう思った

君がいるとどんなことでも乗りきれるような気持ちになってる
こんな日々がいつまでもきっと続いてくことを祈っているよ

風が窓を揺らした 夜は揺り起こして どんな悲しいことも僕が笑顔へと変えてあげる

舞い落ちてきた雪の華が 窓の外ずっと降りやむことを知らずに僕らの街を染める
誰かのためになにかをしたいと思えるのが愛ということを知った

もし、君を失ったとしたなら
星になって君を照らすだろう
笑顔も涙に濡れてる夜も
いつもいつでもそばにいるよ

今年、最初の雪の華を ふたり寄り添って眺めているこの瞬間(とき)に幸せがあふれだす
甘えとか弱さじゃない ただ、君とずっとこのまま一緒にいたい 
素直にそう思える

この街に降り積もってく真っ白な雪の華 ふたりの胸にそっと想い出を描くよ
これからも君とずっと…
[PR]
by kzmblog | 2015-01-14 22:19 | おもいで | Comments(0)

漬物と萩焼

夫さんは漬物が好きだった。
特に茄子の漬物。
でも、心臓を患ってから、塩分・水分を極力とらないように生活していたので、漬物は全く口にしないで我慢していた。
夫さんの病気が重くなったら、お医者さんに、「何でも好きなものを食べていいよ」と言ってくださいとお願いしていた。
茄子の漬物・梅干し・納豆・ラーメン・塩鮭・塩から・明太子・ゴルゴンゾーラ・・・それにカップヌードル(笑)
食べさせてあげたかったなあ。

b0168830_2243192.jpg


奈良漬け、小茄子の漬物、いただいた赤蕪の千枚漬けを
二人で旅行した時に購入した萩焼の器にのせて。
後ろもその時に買った、夫さんお気に入りのコーヒーカップ。
貫入ができるまで使えませんでした。

今年の大河ドラマは「花燃ゆ」。
二人で「松下村塾」に行ったなあ、とか土塀の連なる町並みを歩いたなあとか、思い出します。
[PR]
by kzmblog | 2015-01-13 22:54 | おもいで | Comments(0)

1月12日

夫さんが心筋梗塞で倒れたのは、2004年の1月12日。
その日、救命カテーテル
3月末にDor手術をして、その後3412 日、で夫さんのブログは止まっている。

b0168830_21352296.jpg



2011年の、夫さんのブログ・・・・・。
「今日は2度目の人生を歩みだした記念日。
2004年の今日救急車で今の病院へ運ばれた。
大雪の日だった。
もう丸7年今日からは8年目に入る。
病院関係者の皆さんやおくさんのおかげと思っている。
ありがとうございます。」

あの日は、成人式で祝日なので休日救急当番病院に行った。
すぐ「心筋梗塞です」「これから救急車を呼びます」と言われた。
そのとき初めて、「いなくなったら困る!」と思った。
いつも隣にいてくれるのが当たり前だったから。

歯医者も一人で行けなかった、点滴もしたことが無くて液漏れの痛みを我慢していた人が
すっかり病院と仲良くなって、病院スタッフを信頼して共に11年間闘った。

私をひとりにできないって思っていたから。
でも突然いなくなってしまった。

あの日私がすぐ救急車を呼んでいれば、Dor手術もしなくて済んだ。
いまも夫さんは元気だった。
事故もなかった。どんなに怖かったことだろう。
そして、
私の隣にいてくれた。
「ごめんね」といったらいつも笑って「そんなことないって」と言ってくれたけれど。


去年の1月12日は引きこもっていたけれど、今日は友達と会ってきます。
その方が夫さん、喜ぶよね。
[PR]
by kzmblog | 2015-01-12 20:02 | おもいで | Comments(0)

同じナンバー

GACKT、やりましたね。36連勝。こうなったらペアを組む人が可哀そう。
来年はどうなるのでしょう。

さて、今日はとり置きしてもらっていたセーターをとりに札幌へ。
行く途中、なんと夫さんと同じナンバーの車が斜め前を走って行った。
しかもひらがなはM。嬉しい。

1月2日は毎年夫さんと年始に行っていたので、デパートなんていくのは生まれてはじめて。
すごい人ヒトひと・・・レジの前の行列・・・・
二人だったらそそくさと帰っていたよね(-_-;)
でもせっかく出かけたので映画も観てきました。
映画館は割と空いていました。
お正月に一人で映画観に来ている人って結構いるのね。
ご夫婦で来ている方を見ると羨ましく淋しく思う。

b0168830_21272219.jpg

ホビット三部作もこれでおわり。一応前作まで観てきたので、最後は映画館で。
年末にBSで今日の続きの「ロード・オブ・ザ・リング」三部作を録画してあるので、旅行から帰ってきたらゆっくり観るつもりです。

明日から夫さんと何度も行った奈良の道を歩いてきます。
前回二人で行ったのは平成7年(1995年)。
まだ夫さんが元気な頃でした。
新しくなった興福寺博物館にも行ってきます。
奈良町の庚申さんにも11年前の手術がうまく行ったお礼を言ってこなくちゃね。
ゆっくり、ぼーーーっとしてきます。

最後の日は、井上芳雄さんのラスト ヴォルフガング・モーツァルト!を観てきます。
b0168830_21411255.jpg

[PR]
by kzmblog | 2015-01-02 22:21 | おもいで | Comments(0)

36度7分

うたた寝して起きたら、喉が痛い。
体が熱い。
肩が痛い。
まさか、風邪?  もしかしてインフル? 3日から旅行なのに。。
熱を測ったら平熱36.7だった。安心。

そういえば、1月2日、私の実家に年始に行った帰り、
我慢できなくなり車を止めてもらって吐いたことがあった。
その後猛烈な腹痛。

夫さんはおろおろして、夜間急病センターに連れて行ってくれた。
お腹の風邪が大流行したとのことで、中は阿鼻叫喚だった。

私は激痛のためにトイレで倒れ、行方不明。夫さんは必死に探し回った。
散々なお正月だったなあ。
病気持ちと結婚して、夫さんはあちこち病院をまわり、さぞ大変なことだったろう。
入院した時は毎日会いに来てくれた夫さんでした。

今日は、TOKIOも嵐も格付けチェックも観ないで、
消化にいいおもちを食べて、葛根湯のお湯割りを飲んで早く寝よう。

ちなみに格付けチェックが夫さんは大好きでした。
b0168830_1830677.jpg

夫さん、GACKTファンなんだよね(笑)
今年も連勝伸ばせるか?
[PR]
by kzmblog | 2015-01-01 18:33 | おもいで | Comments(0)

昆布巻

あと3分で2014年が終わる。
去年は、「去年、夫さんが亡くなりました。」だったけれど、
あと3分で、「一昨年・・・・」になる。
でも、毎日夫さんを思い出す淋しい想いは変わらない。
おめでとうと心からは言えないお正月だ。
だから夫さんを思い出して、夫さんと二人で静かに過ごす。

料理は
夫さんの好きだった昆布巻となますをつくっておわり。
今年の昆布巻の出来はgood。

b0168830_8274314.jpg



レシピ
早煮昆布 1袋(50g)
ソフト鰊
干瓢    1袋
三温糖   大2
酒      大2
塩分控えめ醤油 大3
みりん    大3  

弱火で2時間  もう昆布がとろとろでした。
きっと夫さんもぺろりと食べているはず。 



  
[PR]
by kzmblog | 2014-12-31 23:39 | おもいで