kzm.の雑記帖・・・・mちゃん(夫さん)のこと、日々のこと

kzmblog.exblog.jp

夫さんとの思い出、毎日の生活で感じたことを記録しています。

2018年 03月 06日 ( 1 )

アメイジング・ジャーニー 神の小屋より J.COMで視聴

途中から、キリスト教色がとっても強い映画だと気づいて難解な問答に、
「おいおい・・・」と思ったけど、
最終的に物語の芯は
「赦すこと」「幸せになるためには、過去の傷や悔いへのこだわりを捨てること」なので
キリスト教の知識がまったくない私でも、不充分だと思うが、理解はすることはできた。

ただし赦すことは簡単なことじゃない。
幸せにならなくてもいい、幸せになりたくないと思う自分がいる。
こういった宗教的映画は道徳的で説教的だ、とも思う。

気持ちが揺れ動いているから、私はけっこう泣けた。

b0168830_14235661.jpg

自分的には、
白人種、黒人種、黄色人種、赤色人種(中東諸国やネイティブアメリカン)の、
もっといえば、ジェンダーの垣根も越えて
「神」「精霊」「英知」が描かれていることに
今のアメリカ社会へのメッセージを感じる。











[PR]
by kzmblog | 2018-03-06 20:47 | TV・映画 | Comments(0)