kzm.の雑記帖・・・・mちゃん(夫さん)のこと、日々のこと

kzmblog.exblog.jp

夫さんとの思い出、毎日の生活で感じたことを記録しています。

2018年 02月 27日 ( 1 )

ユニセフの新生児死亡率調査 【ニューヨーク共同】

国連児童基金(ユニセフ)は20日付で、
世界各国の新生児死亡率を比較する報告書を発表した。

日本が最も低く「赤ちゃんが最も安全に生まれる国」と指摘する一方、
最悪のパキスタンは約50倍の高さ。

ユニセフは新生児の死亡は大半が予防可能だとして、
死亡率が高い国々への支援を訴えた。


生後28日未満で死亡した乳児の割合(2017年時点の推計)を比較。

日本は千人当たり0・9人で、アイスランドの同1・0人、シンガポールの1・1人が続いた。
先進国でもカナダ(38位、3・2人)や米国(41位、3・7人)は順位が低かった。


最も多かったパキスタンは45・6人。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

生まれる国によって子どもの命の重さが変わる。
日本もかつては乳児死亡率が高かった。
母子手帳などいろいろな努力をしての0・9人。
そのノウハウを生かしたい。ひとりでも多く小さい命を救うために。



b0168830_00335482.jpg

危機報道ピュリッツァーセンターは、この並外れた業績を示すため、
世界の5歳未満の子供の死亡率をインタラクティブな世界地図に記録した。
これにはユニセフのデータが使用されている。


[PR]
by kzmblog | 2018-02-27 07:45 | ニュース | Comments(0)