kzm.の雑記帖・・・・mちゃん(夫さん)のこと、日々のこと

kzmblog.exblog.jp

夫さんとの思い出、毎日の生活で感じたことを記録しています。

2018年 01月 29日 ( 1 )

b0168830_21445928.jpg

新田次郎の小説「八甲田山 死の彷徨」
高倉健の映画「八甲田山」はフィクションだが、
これはドキュメンタリー。

小説読んだし、映画も観たが、
春の八甲田山に何度も行って、こんな穏やかそうな山で遭難事件が起こったのか・・と思っていた。

このドキュメンタリーを観て、ここがほんとうに特異な気象条件の地域だと知った。
しかも数世紀に一度の低気圧の真っただ中。
猛吹雪の中、15時間歩いて、直線距離600メートルだったそうだ。

再現ドラマ+生存者証言+専門家の説明が、非常にわかりやすく
遭難の原因を明らかにしていく。

映画上映時、流行語になった「天はわれわれを見捨てた」は実際の発言だった。
この発言で大尉を信じてついてきた多くの兵士の士気が下がり、
倒れるものが続出。多くの兵士が亡くなっていく。

生存者の一人は後年、「あの言葉は言って欲しく無かった」と述べている。


撮影は実際の遭難現場で、遭難の同日同時刻に行われている・・・おそろしい。
撮影も命がけだっただろう。

ただし、引き返す判断をしなかったのは、「武士道精神」とか、
自衛隊の訓練が、明治時代と同じ精神のもと行われているなど?な部分がないわけでもなし。

ラストの津軽三味線がちょっと怖かった。

興味をお持ちの方、
三作そろって視聴をオススメします。

[PR]
by kzmblog | 2018-01-29 23:29 | TV・映画 | Comments(0)