辺野古工事停止署名が20万篳超! 

昨日のブログでホワイトハウスへの署名をお願いした「ウィー・ザ・ピープル」。
b0168830_14173017.jpg
この請願サイトは2011年に当時のオバマ政権が掲げた
「開かれた政府」の目玉政策として開設。

政府に対して回答を求めたいことがある場合、
「請願書」としてまとめてこのサイトで公開された後、
30日以内に10万人の署名を集めることができれば、
アメリカ政府から60日以内に公式回答を得ることができるという仕組み。

13歳以上であれば、国籍・居住地など問わず、誰でも請願書を出すことや
他の人の請願に賛同して署名を行うこともできる。

今回の請願書はハワイ在住でウチナンチューのロバート・カジワラさんが
アメリカ軍・普天間基地の名護市辺野古への移設工事の停止を求める署名活動を開始。
世界に、日本に、世界のウチナンチューに呼び掛けた。
b0168830_17300915.jpg
・・・・・・・請願文は以下・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
b0168830_14173460.jpg
トランプ大統領:
民主的な県民投票がなされるまで、沖縄での埋め立て作業を停止してください。
今年、沖縄の人びとは、辺野古・大浦湾での建設工事を停止するという前提の下、
圧倒的な支持により玉城デニーを知事に選出しました。
この湾は、沖縄の生態系の重要な一部です。
しかし、日本政府ならびに在日米軍は、玉城知事や沖縄の人びとの意思を無視してきました。
不可逆的な建設工事が12月14日(日本標準時)に開始を予定されています。
この実施を容認すれば、沖縄県民の反米感情は確実に高まり、
米国と沖縄の関係は永久に損なわれるでしょう。
民主主義を優先し、工事の停止を命じてください。
沖縄の人びとに、アメリカが真に尊敬に値する偉大な国であることを示してください。
b0168830_17300548.jpg

そして結果は20万筆を超えた。
アメリカ政府から60日以内に公式回答が待たれます。


いまいろいろあるアメリカ合衆国。
それでもやっぱり民主的な国だと感服する。

日本にもこんな請願サイトあればいいのになあ。
誰かが公約として請願サイト開設を掲げたらどの党であれ間違いなく投票する。


























by kzmblog | 2019-01-09 11:34 | ニュース | Comments(0)
<< 外出・心遣い ホワイトハウスへの請願署名をお... >>