人気ブログランキング |

樺太紋様

樺太紋様でファスナーポーチを作ってみました。
先生のデザインをアレンジして。

裏側は布が足りなかったので小さな古布をパッチワークして。

初めて樺太紋様を刺してみましたが、日高や鵡川のアイヌ紋様とは全く違います。
独特のかわいらしさになんだかはまりそうです。

b0168830_11424270.jpg

b0168830_11424298.jpg

b0168830_11424222.jpg

b0168830_11424368.jpg

b0168830_11424313.jpg





# by kzmblog | 2019-09-18 10:00 | アイヌ刺繍 | Comments(0)

チヂリのペンケース

しばらくカパラミプやルウンペばかりだったので
久しぶりにチヂリを刺してみました。
たぶん着物が着古されて色が抜け水浅黄色になった布に
藤色や桃色の糸・ファスナーをあわせてみました。
できるだけこの前の教室で先生に言われたところに気をつけて仕立ててみました。

パステル色の取り合わせがかわいらしくて我ながらお気に入りです。
内布はペンシルケースなので汚れが目立たないように紺色で。
b0168830_21141514.jpg

b0168830_21141553.jpg

b0168830_21141694.jpg

b0168830_21141649.jpg


b0168830_21144569.jpg

b0168830_21144529.jpg


PS.先生から、この色は「甕覗き」という色だと教えていただきました。

甕覗(かめのぞき)とは、藍染の淡い青色を指す色名でやわらかい緑みの青のことです。
別名「覗色」。

初めて聞く色の名前なので、調べてみました。
藍染は布や糸を何度も藍甕に浸けては取り出し、浸けては取り出すことを繰り返して濃く染めていくのですが、甕覗は白い布を少し浸した程度に染めただけ、あるいは甕をちょっと覗いただけという意味で付けられた色名です。
ただし、あくまでも比喩的な表現であり、実際にそういう染め方をするわけではありません。
藍染は浸す回数によって色の濃さが変わるので、淡い順に「藍白」「白殺し」「浅葱」「縹」「藍」「紺」など微妙な色ごとにそれぞれ色名が付けられています。
その色の差は職人の腕や環境などによっても違っており、濃い色は浸けては取り出す作業を何度も繰り返す必要があり、とても高額でした。

伝統色のいろは  より。とても楽しいサイトです。ぜひご覧ください(^▽^)/
https://irocore.com/
# by kzmblog | 2019-09-17 10:00 | アイヌ刺繍 | Comments(0)

誕生日

夫さんの誕生日でした。
好きだった白ワイン・チーズ・鶏の半身揚げで乾杯~
ちなみに燻りがっこチーズにしてみました。旨し。
ケーキは好きだったイチゴショートにロウソク3本。(*ノωノ)
b0168830_20283484.jpg

b0168830_20283460.jpg

b0168830_20283521.jpg








# by kzmblog | 2019-09-16 10:00 | 今日のごはん | Comments(2)

エアラオホル

13日は教室の日でした。
先生からルウンペの図案をお借りし
それは大きいので家でゆっくり写すことにしました。
カパラミプはイカラリの中の技法を教えていただきました。
図録の写真ではよくわからなかったため、てっきりオホだと思っていましたが
エアラオホルつまりフェザーステッチだとわかりました。

最初は先生に刺していただき、「揃えずに適当がいいのよ」といわれざくざくと。
b0168830_18121047.jpg

あらら。不思議。イカラリだけの時とは全く別物になりました。
オホではきちんと感が出てこんな自由な感じにはならなかったと思います。

デザイン→型紙→カパラのかがり→イカラリ→オホ、そしてフェザーやエタラカを加えるとどんどん想像以上に表情が変化するのがアイヌ刺繍の楽しさです。
b0168830_18121072.jpg


みふじさんの糸もまた仕入れました。うれしい。この糸のふっくらとした感じがたまりません。うひょ(゚∀゚)
b0168830_18121105.jpg







# by kzmblog | 2019-09-15 10:00 | アイヌ刺繍 | Comments(0)

天理大学附属天理参考館収蔵品図録 「ひとものこころ」 
第3期第5巻 「アイヌのきもの」 から先生がデザイン化されたものを先日いただき、
稚拙ながら自分でアレンジしてカパラミプを縫い始めました。
b0168830_18004335.jpg

b0168830_18004612.jpg

b0168830_18004964.jpg

旭川で鮮やかな赤い生地に生なりの置布のカパラミプを見てとても惹かれたので
また布を赤く染めてみました。
漂白して真っ白になった古布は軽く紅茶染めにして生なりに。

ものすごいダイナミックな図柄とパワフルな色と取り合わせなので
刺しながらどうなるのか楽しみでもあり不安でもあり。
b0168830_12435453.jpg

カパラミプのかがりが完成。
今、イカラリ途中です。
b0168830_22220049.jpg

ルウンペのタペストリと平行してゆっくり作業していこうとおもいます。






# by kzmblog | 2019-09-14 10:00 | アイヌ刺繍 | Comments(2)