カテゴリ:旅( 6 )

予期せぬプラスαの一泊。
まあ、これもいい経験なのかもしれません。

チェックアウトぎりぎり12:00まで、ベッドの上で千歳のライブカメラとにらめっこして過ごしました。

このドライヤー優れもの。吹き出し口のところが勝手に動いて髪がふんわりします。
今のドライヤーが壊れたら、これにしよう。
その他このホテルは、真実の鏡とかいろいろ面白いものが揃っています。b0168830_054361.png



飛行機の中ではJAL SHOP を見るのが大好き。
中に、以前夫さんと一緒に買ったランチョンマットとお揃いの生地のバッグを見つけました。
もう汚れて捨てたら?と言われていましたが、
好きな生地だったので捨てられず、同じものを本当に探していたのです。
すっかりイタリアか、北欧のものだと思っていましたが、フランスの物でした。
(まだ買わないけどね 笑 )
b0168830_0564356.png

レ・トワール・デュ・ソレイユ
【C008】ランチョンマット43(トム マルチ/TOM Multi)
本体  綿100%
生地  フランス製
サイズ W43×H38cm
生産国 生地 フランス製・生産国 日本

196便が欠航し、千歳空港では、1500人が会議室などで夜を明かしたそうです。
私はスマホから予約変更しまくっていましたが、けっこう楽しんでいました。
それにしても、夫さんは常々「自分は晴れ男だから大丈夫だよ~^^」と言っていましたが、
本当だったのね。
一回も吹雪で閉鎖なんてなかったもん。
リッチなホテルで、夕食もリッチにいただきました。
御苦労された方々すいません。

飛行機は定刻より30分遅れましたが、無事千歳に着陸。
バスで隣り合った方がちょうど私の住まいの近くに行く方で、二人でタクシーに乗って家につきました。

思い出を巡る旅も無事終了。
次回は、沖縄や弘前、萩、松江、東京の上野界隈を廻りたいと思っています。
[PR]
by kzmblog | 2015-01-08 00:53 | | Comments(0)

今日は帰札・・・・・・・・のつもり。でも千歳空港は大吹雪らしい。
早い時間に変更して出発したけど・・・
青森上空を1時間旋回して、また関空に戻り。千歳空港は閉鎖だそうな。
関空のホテルに宿泊。
これまでで一番リッチなホテルでした。
b0168830_0384637.png関空はこんなにいいお天気なのにね・・。


b0168830_039069.png青森から引き返します。
こうなったら覚悟を決めて・・。

b0168830_0393078.png出発口から歩いて3分のホテル日航関西空港に一泊。超便利。
写真はボケボケですいません。

b0168830_0394497.pngきれいで、アメニティもそろっていて、チェックアウトが12:00で、言うことなしでした。

[PR]
by kzmblog | 2015-01-07 00:41 | | Comments(0)

三十三間堂
京都国立博物館
大阪へ  ミュージカル 「モーツアルト!」を観ます。

b0168830_0321966.png

b0168830_9492821.jpg千一体の仏像の中には会いたい人に似たお顔をした仏様が必ずいるそうです。
夫さんの写真を出して見比べてみたので゛すが、全員似ている気がしてきました。


b0168830_0323454.png明治古都館の建物は威風堂々。天気が良ければいつまでも庭に座ってみていたい。

b0168830_032539.png平成知新館。
すごくゆったりできます。2階から1階の彫刻展示室が見られるのもいいです。

b0168830_101343.jpg

b0168830_1015065.jpg

b0168830_0331164.png

b0168830_9523866.jpgミューアムショップ。迷いつつ買ってしまったのは尾形光琳の竹虎図をぬいぐるみにしてしまった「竹虎ぬいぐるみ」 。

b0168830_10315681.jpg井上芳雄さん見たさに来てしまった「モーツァルト!」
井上芳雄さんのヴォルフガングはこれがラスト。


b0168830_0351774.pngモーツァルトって辛い一生を送ったんですね。胸が締め付けられました。
ラスト、ヴォルフガングの最後の血の一滴でレクイエムを完成し、アマデもヴォルフガングも死を迎える。
井上さんは父・妻との軋轢、生身の人間と才能との闘いを繊細に演じていた。
アマデ役の日浦美菜子ちゃんの演技にも感服。
そして、生で観るホンモノの舞台って素晴らしいと改めて思いました。
迷ったけれど井上版DVD買ってしまった。楽しみ。


b0168830_0334169.png


b0168830_0335429.png

[PR]
by kzmblog | 2015-01-06 00:29 | | Comments(0)

新薬師寺。
20代の時友人と訪れた時は、「ゆく年くる年」の撮影の準備でライトと電線とスタッフの声で騒然としていました。
夫さんと訪れた時は薄暗い中に薬師如来と十二神将が佇むなかで、二人でじっくり仏像を観て廻りました。
b0168830_915264.jpg夫さんが好きだったのは戌年だったこともあり、切手にもなった有名な伐折羅大将。
私はポーズが大好きな珊底羅大将。

b0168830_04583.pngお正月の新薬師寺は五色布がたなびいておめでたい雰囲気。

b0168830_051795.png

b0168830_053925.png途中で空気ケーキというお店発見。名前からしておいしそう。
帰り道によって、ロールケーキをいただきました。


b0168830_06214.png


近鉄奈良駅から近鉄京都駅へ。ホテルは近鉄京都駅の上のホテルです。
b0168830_084248.pngホテルにバッグを預けて、東寺に。
東寺の立体曼荼羅はとにかく圧巻!いつ観ても、座ってしばし時間を忘れます。


b0168830_9261018.jpg

b0168830_085644.png前日に京都は大雪。
屋根に雪が残っていました。

b0168830_9264015.jpg今年は五重塔の内部を観ることができました。色彩がそのまま残っていて美しい。なんとラッキーでした。
五重塔は本当に力強くてほれぼれします。

b0168830_09743.png



b0168830_0104422.pngホテルの窓下は新幹線のホームでびっくり。鉄道好きの人にはたまらないホテルかも。


b0168830_093490.png


新薬師寺・東寺の御朱印
夫さんが好きだった新薬師寺十二神将の伐折羅大将のレプリカを購入してしまいました。
金剛力士や阿修羅はガチャです。
CMで、「ガチャは人生、欲しくないものばかり手に入る」って言うけれど今回はラッキー三連発でした。
① 夫さんが好きだった弥勒半跏像。
② 金剛力士。すごく出来がいい。はためく天衣を見よ。
③ そして大大好き阿修羅。 
うほほ。ガチャオタクになりそうです。
b0168830_0111269.png

[PR]
by kzmblog | 2015-01-05 00:03 | | Comments(0)

奈良二日目。
b0168830_23372049.png



興福寺・・・興福寺の五重塔・国宝館に阿修羅に会いに行きます。
興福寺の五重塔は本当に立派。東寺の五重塔と共に、力強さは天下一品だと思います。

b0168830_23373729.png

b0168830_23375350.png

b0168830_2338688.png



b0168830_12403298.jpg私が仏像に惹かれたのは、法隆寺の百済観音像にはまったのがきっかけ。なんと美しい八頭身のお姿。
これは高校生の時。

 
b0168830_12404586.jpgそのあとはお決まりの阿修羅様でした。
 

b0168830_1241949.jpgそして東寺の帝釈天様。
ほれぼれするイケメンです。東寺の密教伽藍もすばらしい。


ということで、独身時代はお正月は奈良・京都で過ごしました。
結婚してからは博物館や美術館廻りも兼ねて、夫さんと2回行きました。
最後に二人で行ったのはなんと20年前のことです。

今回行って、心打たれたのは次の二つの仏様でした。
b0168830_1365559.jpg

火災で傷跡だらけの頭部だけが残された「銅造仏頭」。
治承・寿永の乱、神仏分離令、廃仏毀釈、社寺上地令、度重なる火災のなか焼失したと思われていましたが、昭和12年、興福寺東金堂の本尊の台座の中から、およそ500年ぶりに発見されました。
頭部だけ助け出され、大切にしまわれていたのです。
あまりに痛々しい傷跡に人間の浅はかさを申し訳なく思い、それを許してくれる「白鳳の貴公子」にすがすがしさと優しさを感じました。
b0168830_1372582.jpg

そして・・・・なぜか涙が溢れて止まらなくなった千手観音菩薩様。
救いを求める衆生の人々を救ってくださる仏様。この千の手に苦しみや悩みが救われるような気がしました。
涙が自然にあふれ、暫く見上げていました。こんな気持ちになったことは初めてでした。

私の生まれ年守り本尊でもあるそうです。
オン・バザラ・タラマ・キリク

奈良国立博物館のなら仏像館は改修工事のため休館でした。
見たものの中で、心に残ったのはこれ。
b0168830_19201346.jpg鎌倉時代の籠手です。なんと伝義経。義経ではなくとも、どんな人が身につけたのか考えてしまいます。この画像では見えませんが、とても精緻で美しいものでした。つくった職人やずっと伝えてきた人々の想いも糸の一本一本から伝わってくるようです。


私はミュージーアムショップが大好き。いろいろなオリジナルグッズもあって全部欲しい。
夫さんはあれこれ私が迷っている間も待ってくれていたっけ。ごめんね。
今回は、仕事に使う、クリヤーファイルとスタンプを購入しました。

ショップ向かいレストランで、お汁粉で一休み。お汁粉を頼んだ人はガラガラくじで景品が出るということでやってみました。
大当たり!東大寺の日餅が当たりました!

b0168830_23382147.png

b0168830_23383271.png



東大寺は二月堂・三月堂とも修復中でしたが、東大寺ミュージーアムで日光菩薩、月光菩薩に会えました。
b0168830_19364174.jpg



b0168830_2339067.png


b0168830_23391765.png

b0168830_2339447.png



猿沢の池を廻って奈良町へ。
途中、元興寺。
b0168830_23401665.png

b0168830_23403449.png



庚申堂のくくりざる。
夫さんが手術の時も、庚申堂にくくりざるを送っていただきました。
b0168830_23405089.png

b0168830_2341170.png



散歩しながらホテルへ。
クリヤーファイル・御朱印・括り猿・香華などなど
b0168830_23411635.png

b0168830_23413460.png

b0168830_23414855.png



夕食はとうとう串揚げを。
b0168830_2342529.png




1/4の日記より
今日はまずは興福寺へ。
中金堂の瓦の寄進に夫さんの名前を書いた。これで夫さんの名前が何百年も残るよ。
興福寺のエコバッグと散華をいただいた。
20年前の御朱印を見てしばらくお寺の方とおしゃべり。
元興時の方も以前の御朱印を見て「それでは今日は私が書きましょう」と言ってくれた。
そんな会話が嬉しい。
[PR]
by kzmblog | 2015-01-04 23:33 | | Comments(0)

奈良に行ってきました。
奈良は、仏像彫刻と古裂が好きで、独身時代から何度となく行ったところ。
結婚してからも夫さんと二人で何回か廻りました。
二人で行った、思い出の地に行ってきます。

とりあえず、写真を貼っておきます。
行きの千歳空港です。
晴天です。
千歳→関空→リムジンバスで近鉄奈良駅へ
以前二人で奈良を歩いたのは20年前。
近鉄奈良駅の界隈はずいぶん変わり、以前行った串揚げの店を探したのですが、もちろんあるはずもなく。
近くの小路のイタリアンで晩ごはん。
ワインも蜂蜜かけのゴルゴンゾーラも美味しかった^^
夫さんが元気な頃だったら、さぞワインが進んだことでしょう^^
b0168830_23234515.png


b0168830_23224224.png


b0168830_2323144.png

b0168830_23232247.png




1/3の日記より
病気の後、夫さんとの旅行はまず車の旅からゆっくり体を慣らした。
夫さんの目標はもう一度沖縄に行くこと。
まず、飛行機の気圧に慣れるために、函館、稚内、東京へ。
そして東京乗り換えでとうとう沖縄に行けた。
前日は千歳に泊まったりして無理しないように工夫したね。
ゆっくりゆっくり無理せず、でも二人の人生を楽しんだ。
でも、こんなに突然いなくなるなら
もっと美味しいものを食べさせてあげたかった。

だれともしゃべらない旅。
20代のころの一人旅では何にもさびしくなかったのに、
今はどうして自分が一人で、
夫さんが隣にいないのか、まだわからない。
[PR]
by kzmblog | 2015-01-03 23:20 | | Comments(0)