カテゴリ:おもいで( 15 )

三回忌

今年は三回忌でした。


GWは二人で行った弘前を歩いてきました。
学生時代、彼がすごした街なので、あちこち穴場を紹介してもらったことがあります。
もう1994年のことなので、もう22年も前のことですが。
すっかり弘前も変わって、きれいな街になっていました。

またあとで、写真をアップします。
[PR]
by kzmblog | 2016-05-16 14:46 | おもいで | Comments(0)

裁判

第二審の日。
もう三回忌間近なのに、まだ決着がつかない。
完全な被害者なのに。。。
たぶん却下されると思うけれど、そのあと上告しないとも限らない。
不安。
はやく終わってほしい。
[PR]
by kzmblog | 2015-03-09 21:35 | おもいで | Comments(0)

お弁当 その2

サラメシの時に、ついでにちょっと載せた二人で食べたお弁当の画像。
また、その前の旅行に持って行ったお弁当の写真を見つけました。
富良野で大雪山連峰を見ながら車の中で食べたお弁当です。
b0168830_0184720.jpg

これもおいなりさん、卵焼きでした。
でも夫さんがまだけっこう普通に食べることが゛できた時期なので、5個もあります。
富良野辺りは観光地で、どこに行っても塩分の調整をしてくれるところがなく、
こまったのでこの日はお弁当持参となりました。


別日ですが・・・
美瑛に行ったときに夫さんが予約して行ったフレンチは、塩分調整が完璧で、ありがたかったです。
レストラン・アスペルジュ (Restaurant ASPERGE)
b0168830_053434.jpg



宿泊はここ。
ホテルラヴニール美瑛
[PR]
by kzmblog | 2015-03-08 00:15 | おもいで | Comments(0)

2012紅白のMISIA

帰宅途中の車中で偶然聴いたMISIA。

そういえば、2012年の紅白、ナミビア砂漠の映像と歌声はすばらしかったな。

b0168830_17554567.jpg

b0168830_17555761.jpg



MISIA@ナミビア

MISIAが出演するというので、私はテレビを見ていたけれど、
夫さんは「最近は知らない人ばかりで面白くない・・・」なんて言って、PCで遊んでいた。
でも、この映像を見て、
「きれいだなぁ。すごいねぇ。うまいなぁ・・」
「こんなところに行ってみたいね。」
「MISIAは聴くたびにうまくなっている」って言っていました。

夫さんと一緒に見た最後の紅白。
MISIAを聴くと、青い空と砂漠の画面と共に、本当に切なくなります。
[PR]
by kzmblog | 2015-02-27 22:52 | おもいで | Comments(0)

ラーメンなかむら

職場の打ち上げで焼肉店に行った。
ここはラーメンでも有名店で、
今はテールラーメンがウリ。
男性陣は焼き肉・ビックギョーザのあとラーメンを食べていた・・・。スゴイ。

b0168830_194267.jpg


b0168830_1944069.jpg


b0168830_1945264.jpg


b0168830_195369.jpg



ウチの近くでもあり、
夫さんが病気になる前、こってりしたラーメンを食べたくなった時、たまに二人で来ていた。
チャーシューが厚さ2㎝ぐらいあって、二人で半分にして食べた。
盛りも多くて、私の食べきれない分を夫さんが食べた。

夫さんがラーメン屋さんの暖簾をくぐったのは病気になる前。
病気になった後は一度も行かなかった。
行かせてあげたかったな。
[PR]
by kzmblog | 2015-02-16 19:19 | おもいで | Comments(0)

バレンタインデー

バレンタインです。
今年も我が家はROYCE'のココアマカロン。
夫さんは本当はもっと甘いチョコレートが好きだったのですが、私は甘いチョコは苦手。
大人のチョコかけマカロンです。期間限定。
b0168830_732128.jpg

b0168830_7322166.jpg

b0168830_7323758.jpg



ROYCE'といえぱ生チョコレート[オーレ]。
b0168830_742737.jpg

発売され話題になった時は、ご多分に漏れず我が家もファンになりました。
といっても、濃いですから一日に一個か二個とけちけち食べる私。
ある日帰宅し、冷蔵庫を開いたら目的の「オーレ」がない!
夫さんがほとんどひと箱食べていたのでした。
「ごめん・・・とまらなくなっちゃった。」
・・・・・・甘いものが大好きな人でした。
[PR]
by kzmblog | 2015-02-14 10:22 | おもいで | Comments(0)

2001.9.11

2001年9月11日の直後、夫さんは長期の出張でヨーロッパに行った。
文科省の末端の仕事だった。
アメリカの後はヨーロッパが狙われるとの報道もあり、
「本当に行くの?」という私の言葉に
「中止するっていう指示がないから、大丈夫じゃない?^^」なんて言っていた夫さん。
でも私は心配だった。

旅立った日、東京の上司から自宅に電話があり、
「本当に行ったんですか?」
「え・・・・・・・・・行きましたが・・・・」
飛び立った後にそんなこと言うなんて。不安で涙がでそうだった。

毎日毎日電話した。
長電話過ぎて電話代が月ん十万になった。



ご家族はどんな思いだろう。
ネットでは批判やプライバシーをさらす記事も見られるけれど、
国として何が問題で、何かできなかったかを考えるべきではないだろうか。
[PR]
by kzmblog | 2015-02-02 12:10 | おもいで | Comments(0)

シートヒーター

この季節になると、なかなか車の中が暖まらない。
特に寒い日は、職場に着くまで寒い中運転することになる。

中古で勝ったこのクルマ、最初はシートは布張り、シートヒータがなかった。
前の車は革張りで、夫さんは、どうも気に入らなかったらしい。
で、ある日、「・・・・・・行ってみない?」ネットで探したシートの張り替え屋さんである。

「ね、かっこよくなるよ」「うむ・・・」
「ね、シートヒータもつくよ」「ううむ・・・・」
「張り替えたいの?」「・・・・・・・うん」

ずーっと家にいる夫さんの楽しみで、しかも私を気遣ってのこと。OKした。

ちなみにいざというと夫さんはケチである。
運転席と助手席だけ、などという。
こういう時、私の方が思い切りがいい。どうせ大枚掛けるならあとから~すればよかったなと思いたくない。
「ええぃ。全シート変えよう!」「ええっ?」

before&after
張り替え屋さんのHPを見ると、ウチの車のbefore&afterの画像が載っていた。
夫さんも観ていたら喜んだろうな。

エンジンをかけてシートヒータONにすると、すぐ背中とお尻があったかくなってきます。
夫さんの温かさだな、と思いつつ毎朝通勤しています。
[PR]
by kzmblog | 2015-01-20 22:24 | おもいで | Comments(0)

16日だ。
あの日から、まだ、611日だって・・・。
87週と2日。
20か月と1日
1年と246日
1年と8か月と1日。

こんなサイトがあるおかげで、ときどき確認する。
異なる日付間の日数、週数、年月数を計算します。生まれてから何日間経ったかも計算できます。
b0168830_0111169.png

日数計算(日付-日付)




こんなに夫さんのことを夢に見ないのは、
いつも夫さんのことを考えているから。とふと思った。

家の中はほとんど一昨年の5月16日のまま、全然整理していないけど、
それでも私が一人で暮らしていくことで少しずつ以前の二人の部屋から変わっていっているのが悲しい。

お世話になった方に小さい胡蝶蘭を送ったついでに、
夫さんに供えるため自宅にも購入した。一ヶ月以上たってもすべての花が元気に咲いている。
毎日花瓶の水替えしなくちゃいけない花束より楽。
水やりは週に1回、コップ2杯。皿に水がたまらないようにする。

花が終わっても花をまた咲かせる事が出来るらしい。トライしたい。
植物はポトスだけしか育てられない私(多肉もサボテンも枯らしちゃう(-_-;))
でも、ランっていいかも。

b0168830_124236.png

[PR]
by kzmblog | 2015-01-16 01:36 | おもいで | Comments(0)

雪の華

本家、中島美嘉の雪の華はぴんと来なかった。
井上芳雄の雪の華を聴いて、歌詞の意味が理解できた。

夫さんと雪の中を歩いたこととか、
コートの肘のところをつまんで歩いたこととか、
よくすべって転びそうになる私をひょいと助けてくれることとか・・・いろいろ思い出す。

仕事の帰り道に星空だと、夫さんは傍にいて見ていてくれるのかな、と思う。
そのワンフレーズ聴きたさに、車の中で何度もリピートする。

b0168830_0125493.png


雪の華by井上芳雄

雪の華

作詞:Satomi/作曲・編曲:松本良喜/歌 中島美嘉

のびた人陰(かげ)を舗道にならべ 夕闇のなかを君と歩いてる
手をつないでいつまでもずっと そばにいれたなら泣けちゃうくらい

風が冷たくなって冬の匂いがした そろそろこの街に 君と近付ける季節がくる

今年、最初の雪の華を ふたり寄り添って眺めているこの瞬間(とき)に 幸せがあふれだす
甘えとか弱さじゃない ただ、君を愛してる心からそう思った

君がいるとどんなことでも乗りきれるような気持ちになってる
こんな日々がいつまでもきっと続いてくことを祈っているよ

風が窓を揺らした 夜は揺り起こして どんな悲しいことも僕が笑顔へと変えてあげる

舞い落ちてきた雪の華が 窓の外ずっと降りやむことを知らずに僕らの街を染める
誰かのためになにかをしたいと思えるのが愛ということを知った

もし、君を失ったとしたなら
星になって君を照らすだろう
笑顔も涙に濡れてる夜も
いつもいつでもそばにいるよ

今年、最初の雪の華を ふたり寄り添って眺めているこの瞬間(とき)に幸せがあふれだす
甘えとか弱さじゃない ただ、君とずっとこのまま一緒にいたい 
素直にそう思える

この街に降り積もってく真っ白な雪の華 ふたりの胸にそっと想い出を描くよ
これからも君とずっと…
[PR]
by kzmblog | 2015-01-14 22:19 | おもいで | Comments(0)