カテゴリ:おもいで( 18 )

ヘリコプター

夫さんと私はヘリコプター大好きだった。
もちろん、観光地の遊覧飛行。
札幌の夜景、沖縄、富良野と美しい風景を二人で楽しんだ。

b0168830_22233355.jpg


b0168830_22254377.jpg


b0168830_22291479.jpg

最近、沖縄米軍ヘリ緊急不時着、機体からの部品落下、陸自のヘリ墜落など、
ヘリコプターの事故が続いている。
しくみが複雑で『機械仕掛けの神』といわれるともいわれ、
飛行機よりずっと新しい航空機だそうだ。
確かに第二次世界大戦末期には実践に使われたというが、
記録映像では見たことがない。

登場するのはベトナム戦争か。
映画「地獄の黙示録」で、ワーグナーの「ワルキューレの騎行」が鳴り響くなか、
ヘリがベトナムの村々を攻撃していくシーンは脳裏に焼き付いている。

ヘリコプターが美しい風景と楽しい思い出とともにある乗り物になるように願う。


[PR]
by kzmblog | 2018-02-14 22:26 | おもいで | Comments(0)

b0168830_18132207.jpg

アナザーストーリーズ 運命の分岐点「007 ジェームズ・ボンド誕生の真実」視聴。

007シリーズ誕生の知られざる物語。

原作者について、
映画化権を獲得し、シリーズの映画化を始めた制作者について、
ショーンコネリー等、主演した俳優たちについて、
製作の舞台裏を明かしていくドキュメンタリー作品。

b0168830_18124729.jpg

当初、監督は下流階級の出で、
粗野で武骨なボディビルダーのショーン・コネリーがボンドに決まったことを、
「大惨事だ!大惨事だ!大惨事だ!」と嘆いたという。
彼を英国紳士のジェームズボンドに仕上げるため、
高級シャツ・スーツ・靴を仕立て、寝る時もスーツを着るよう指示したとか。

で、三作目でボンドスーツにニットタイを合わせた。
かっちりした体に合ったスーツに、ちょっと砕けた細いニットタイ。

この番組を観てたら夫さんは喜んだろうなあ~。
だって、私と知り合ったころから仕事を辞めるまで、毎日スーツにニットタイだったから。

b0168830_18154721.jpg

私はもっと色柄ものを選びたかったけれど、
「これがかっこいいんだ」と、黒のニットタイ一辺倒だった。
「ほら、ショーン・コネリーと一緒だよ」という、自慢げな声が聞こえてきそう。





[PR]
by kzmblog | 2018-02-03 22:39 | おもいで | Comments(0)

乗った車 いろいろ

夢を見た。
夫さんからの電話で「事故っちゃった」という夢だった。
怪我がないことと単独事故を確認。
でもなんと全損なので迎えに来て~と言われ、電話が切れた。
あわててボーとしながら起きて、スマホを探し始めて手を伸ばて「ああ夢か」・・・と気付いた。

近い経験は実際在った。
もっとも三日後には帰宅したら、ちょっとした高級クーペが玄関の前に止まっていて、
ディーラーの営業の方も来て、今まさに夫さんはハンコを捺している時だった。
「あのくるまどしたの?」
「買っちゃった」
「んー・・・」
営業の方が申し訳なさそうな顔をしていたっけ。

全損したのはトヨタ・ビスタ。
玄関に止まっていたのは、スバル・SVX

乗った車memo
私のお切り入りパサート。
b0168830_02230381.jpg

トヨタ・ビスタ
スバル・SVX
フォルクスワーゲン・パサート
フォルクスワーゲン・ビートル
ホンダ・CRZ

ホンダ・シビック
ホンダ・シティ
ホンダ・トゥデイ
ホンダ・ニューシビック
スズキ・エスクード
ジープ・ラングラー
フォルクスワーゲン・ティグアン  いろいろ乗ったな


今の車は、ティグアン
ドイツ語の「Tiger」(虎)と「Leguan」(イグアナ)の2つの単語を掛けた造語である。
イグアナ好きの私にピッタリだと、夫さんが言った


b0168830_21252243.jpg

b0168830_21231612.jpg




[PR]
by kzmblog | 2018-01-20 02:25 | おもいで | Comments(0)

三回忌

今年は三回忌でした。


GWは二人で行った弘前を歩いてきました。
学生時代、彼がすごした街なので、あちこち穴場を紹介してもらったことがあります。
もう1994年のことなので、もう22年も前のことですが。
すっかり弘前も変わって、きれいな街になっていました。

またあとで、写真をアップします。
[PR]
by kzmblog | 2016-05-16 14:46 | おもいで | Comments(0)

裁判

第二審の日。
もう三回忌間近なのに、まだ決着がつかない。
完全な被害者なのに。。。
たぶん却下されると思うけれど、そのあと上告しないとも限らない。
不安。
はやく終わってほしい。
[PR]
by kzmblog | 2015-03-09 21:35 | おもいで | Comments(0)

お弁当 その2

サラメシの時に、ついでにちょっと載せた二人で食べたお弁当の画像。
また、その前の旅行に持って行ったお弁当の写真を見つけました。
富良野で大雪山連峰を見ながら車の中で食べたお弁当です。
b0168830_0184720.jpg

これもおいなりさん、卵焼きでした。
でも夫さんがまだけっこう普通に食べることが゛できた時期なので、5個もあります。
富良野辺りは観光地で、どこに行っても塩分の調整をしてくれるところがなく、
こまったのでこの日はお弁当持参となりました。


別日ですが・・・
美瑛に行ったときに夫さんが予約して行ったフレンチは、塩分調整が完璧で、ありがたかったです。
レストラン・アスペルジュ (Restaurant ASPERGE)
b0168830_053434.jpg



宿泊はここ。
ホテルラヴニール美瑛
[PR]
by kzmblog | 2015-03-08 00:15 | おもいで | Comments(0)

2012紅白のMISIA

帰宅途中の車中で偶然聴いたMISIA。

そういえば、2012年の紅白、ナミビア砂漠の映像と歌声はすばらしかったな。

b0168830_17554567.jpg

b0168830_17555761.jpg



MISIA@ナミビア

MISIAが出演するというので、私はテレビを見ていたけれど、
夫さんは「最近は知らない人ばかりで面白くない・・・」なんて言って、PCで遊んでいた。
でも、この映像を見て、
「きれいだなぁ。すごいねぇ。うまいなぁ・・」
「こんなところに行ってみたいね。」
「MISIAは聴くたびにうまくなっている」って言っていました。

夫さんと一緒に見た最後の紅白。
MISIAを聴くと、青い空と砂漠の画面と共に、本当に切なくなります。
[PR]
by kzmblog | 2015-02-27 22:52 | おもいで | Comments(0)

ラーメンなかむら

職場の打ち上げで焼肉店に行った。
ここはラーメンでも有名店で、
今はテールラーメンがウリ。
男性陣は焼き肉・ビックギョーザのあとラーメンを食べていた・・・。スゴイ。

b0168830_194267.jpg


b0168830_1944069.jpg


b0168830_1945264.jpg


b0168830_195369.jpg



ウチの近くでもあり、
夫さんが病気になる前、こってりしたラーメンを食べたくなった時、たまに二人で来ていた。
チャーシューが厚さ2㎝ぐらいあって、二人で半分にして食べた。
盛りも多くて、私の食べきれない分を夫さんが食べた。

夫さんがラーメン屋さんの暖簾をくぐったのは病気になる前。
病気になった後は一度も行かなかった。
行かせてあげたかったな。
[PR]
by kzmblog | 2015-02-16 19:19 | おもいで | Comments(0)

バレンタインデー

バレンタインです。
今年も我が家はROYCE'のココアマカロン。
夫さんは本当はもっと甘いチョコレートが好きだったのですが、私は甘いチョコは苦手。
大人のチョコかけマカロンです。期間限定。
b0168830_732128.jpg

b0168830_7322166.jpg

b0168830_7323758.jpg



ROYCE'といえぱ生チョコレート[オーレ]。
b0168830_742737.jpg

発売され話題になった時は、ご多分に漏れず我が家もファンになりました。
といっても、濃いですから一日に一個か二個とけちけち食べる私。
ある日帰宅し、冷蔵庫を開いたら目的の「オーレ」がない!
夫さんがほとんどひと箱食べていたのでした。
「ごめん・・・とまらなくなっちゃった。」
・・・・・・甘いものが大好きな人でした。
[PR]
by kzmblog | 2015-02-14 10:22 | おもいで | Comments(0)

2001.9.11

2001年9月11日の直後、夫さんは長期の出張でヨーロッパに行った。
文科省の末端の仕事だった。
アメリカの後はヨーロッパが狙われるとの報道もあり、
「本当に行くの?」という私の言葉に
「中止するっていう指示がないから、大丈夫じゃない?^^」なんて言っていた夫さん。
でも私は心配だった。

旅立った日、東京の上司から自宅に電話があり、
「本当に行ったんですか?」
「え・・・・・・・・・行きましたが・・・・」
飛び立った後にそんなこと言うなんて。不安で涙がでそうだった。

毎日毎日電話した。
長電話過ぎて電話代が月ん十万になった。



ご家族はどんな思いだろう。
ネットでは批判やプライバシーをさらす記事も見られるけれど、
国として何が問題で、何かできなかったかを考えるべきではないだろうか。
[PR]
by kzmblog | 2015-02-02 12:10 | おもいで | Comments(0)