カテゴリ:いろいろ( 19 )

右足に感謝

金メダルをとって、羽生君はメディアに引っ張りだこです。
試合前には、右足の怪我のことは一切公にしなかった羽生君。
ようやく試合後のインタビューで、状態のことが明らかになってくる。

「スケートを続けられるのかという思いもありました。」
「まだ痛みはあります。」
「痛み止めを飲まないと跳べる状態ではなかった。」


b0168830_17380431.jpg

今はただ、ゆっくり自宅で休んでほしい。
マスコミもちょっと静かにしてあげて。

他の選手にもね。



[PR]
by kzmblog | 2018-02-23 17:41 | いろいろ | Comments(0)

羽生弓弦君のSPのプログラムだった「バラード第一番」。


2013年、BS1 で世界のドキュメンタリー「私を救ったショパンのバラード」を見た。
あれは夫さんの事故があった年でなんだか毎日呆然と過ごしていた。

脳腫瘍のイギリスの青年、東日本大震災の被災者の少女などこの曲から力をもらった人たちを紹介。

そしてなぜこの曲が人々を力づけるのか、当事者たちとピアニストの解説。

被災者の少女は浅田真央のエキシビションのバラード1番のプログラムを偶然見て前を向いて生きる力をもらった。・・・といった内容だった。

b0168830_02460639.jpg


2003年、夫さんと一緒に観た「戦場のピアニスト」でも使われていた思い出の曲でもあった。

ちょっとだけ私も力をもらい、しばらくよく聴いていた曲。



[PR]
by kzmblog | 2018-02-21 22:31 | いろいろ | Comments(0)

オリンピック

平昌オリンピック開催中です。
学生時代の体育ぐらいしかスポーツをしたことがない私は、
スポーツマンの気持ちがよくわからない。
なので、いつもメダルの色や個数に固執しすぎる報道に辟易している。


先日、スピードスケートで金・銀・銅をとった清水宏保さんの言葉をラジオで聞いた。
彼はメダルの違いを、「100%嬉しいのが金メダル」「銀メダルはすごく悔しいメダル」「銅メダルはほっとするメダル」と語っている。
銀メダルには金に届かなかった悔いが残り、
銅メダルは表彰台に上がれたという財産が残るという意味合いだそうだ。

高木美保さんや、高梨沙羅さんの表彰後の表情がなんとなくわかった気がした。

なんにせよ、みんな怪我なく帰ってきてください。

画像もないのも寂しいので、大好きな太田由希奈さんを。
メダリストじゃないけれど、見よ! この美しさ。

b0168830_18462173.jpg







[PR]
by kzmblog | 2018-02-17 17:53 | いろいろ | Comments(0)

新参者

b0168830_17323424.jpg

おつかれさま、ということで、時計+温度計+湿度計をいただいた。
先月生き返った夫さんの時計と形状は同じようなもの。
さてはこれを察知して、捨てられたくないから動き出したのかも。
大丈夫。
動かなくなって5年も捨てなかったんだから。
年度は合わないけれど、なぜかまだまだちゃんと動いています。
b0168830_17393820.jpg


[PR]
by kzmblog | 2018-02-08 21:30 | いろいろ | Comments(0)

高水温警告灯 点灯

3日前の朝、高水温警告灯が点灯した。
b0168830_17072420.jpg
むむ・・・またか。
水温計の針は正常の真ん中でオーバーヒートはしてないみたい。
でも警告灯だけがぴかぴかする。
気持ち悪い。
帰宅時も点灯。
次の日も点灯。
仕方ないからディーラーに電話。

そんなに慌てていないのは、以前も経験済みだったから。
その時は異常なしで、水温センサーのコンピュータの誤作動だった。
時期も2月の-10℃以下の朝からだった。

今回も異常なし。
水温センサーを見てもらい、きれいにしてもらった。

2年ぶりにディーラーに行ったら、男性がコーヒーを出してくれた。
以前は、モデル体型の女性が足に合わない10cmピンヒールを履いて出してくれたものだ。

心中、「今の時代に、女性がお茶出しか!」って思っていた。
夫さんは私の表情をみて考えていることが分かったのか、
「彼女たちにこのクルマのトルク訊いてみようかな・・」なんて言っていたが、訊くことはなかったし、答えられなかったと思う。

今回は、営業の女性が5cmヒールできびきび働いていた。
横で仕事ぶりを観ていて、気持ちよかった。





[PR]
by kzmblog | 2018-02-02 22:59 | いろいろ | Comments(0)

葛根湯

うたた寝の後、なんだか喉が痛い。
熱はないけど、寒気。
唇の周りがかさかさする。
こんな時は、葛根湯を熱湯で割って飲んで寝る。

b0168830_23431552.jpg
おやすみなさい。
あしたはマスクをしよう。





[PR]
by kzmblog | 2018-01-19 18:30 | いろいろ | Comments(0)

花が回る

面白いサイトを見つけました。
みんなの花図鑑
b0168830_130215.jpg

図鑑の画像の花が回るのです。
わからない花は写真を撮影して投稿すれば会員さんが名前を教えてくれたりします。
お花好きにはたのしいですね。

b0168830_12453851.jpg

この春、私は勿忘草とコスモスの種を撒こうと思っています。(本当は秋にまくものなのですが。)
夫さんがいつもたのしめるように。
毎年撒こうかな。
[PR]
by kzmblog | 2015-03-17 23:40 | いろいろ | Comments(0)

オイル交換した時にキャンペーンで応募していた「エコ実感!ルンバコース」が当たった!
むーー。
780を買ったとたん620が届いた。

b0168830_12513481.jpg


b0168830_12514644.jpg


b0168830_111496.jpg


だいたいこういった懸賞がもともと当たると思っていない。
これはスタンドで勧められて、待ち時間に応募したのだった。
すっかり忘れていた・・・。
b0168830_1111932.jpg



むかーーーし夫さんとサンピアザでアンコウ鍋セットが当たって以来だ。
2台もいらないよね。
年末宝くじを毎年1万円分買っていた夫さん。でもいつも損してたなぁ。
今年は当たるかな?

それにしても・・・・ルンバ・・どうしようかな
[PR]
by kzmblog | 2015-02-25 22:34 | いろいろ | Comments(0)

ルンバくん登場!

ある日新聞を拡げると、ジャパネットたかた「ルンバ本日限定・20000¥ 引き!」の文字。
むーー。いろいろ店頭で見ていて、800シリーズが安くなるのを待っていたけど、
780でいいや。安いし。いろいろついてるし。膝痛いし。腰痛いし。
  ・・・・・・と言うわけで、さっそく注文し、あっという間に届いた。

ルンバくん、えらい。
毎日仕事してくれている。
b0168830_20404690.jpg


特にぜんぜん掃除できなかった(していなかった)ソファーの下を念入りに掃除している。
ずーーーーっと潜っている。
かわいい。けなげ。一生懸命。
これで、「行ってらっしゃい」とか「おかえりなさい」を言ってくれたら、言うことなしなんだけど。
時々、カーペットがめくりあがっていて格闘の跡が見られます。
b0168830_20411523.jpg


苦労したんだろうなぁ・・・見たかったなあ。
ルンバくんが来てから、ルンバくんが困らないように
床に出しっぱなしにしていたものを片付けるようになりました。
どっちかっていうと、「掃除機」としてより「ペット」として惹かれていた私。
予想どうりに、かわいくて、いいヤツです。

夫さんがいたころに買ってあげたかった。
さぞおもしろがったろうに・・。
[PR]
by kzmblog | 2015-02-20 20:12 | いろいろ | Comments(0)

交通事故

今日は通院日だったので、病休をとって午後二時すぎから札幌に向かった。
横殴りの吹雪ですぐ大渋滞。
一本道なので、仕方なくそのまま少しずつ前進していった。
渋滞していたのは、札幌大橋の上で大きな交通事故があり、片側交互通行になっていたからだった。
吹雪の中警察官が誘導してくれていた。
車三台の大きな事故だった。
パトカー、救急車、消防の救助工作車、レスキュー隊が来ていて、まだ閉じ込められている真ん中の小型トラックの運転手を助けようとしていた。この吹雪の中で。

この橋はとても危険だ。
今年だけでももう三回こんな事故を見かけた。
帰宅するのに二時間半かかったこともある。
前回もこんな吹雪で、警察官が真っ白になりながら誘導してくれた。仕事とはいえ、感謝。
b0168830_01184.jpg


夫さんの事故の日は、5月の晴れた日だったけれど、現場が遠かったので警察の人たちも大変だったろう。
私にはとても気を使ってよくしてくれた。

ゆっくりと事故車の横を通りつつ、運転席にまだ閉じ込められている人の無事を願った。


直後また事故現場に遭遇。
ラジオをつけると、橋の上の事故、次の事故、そしてさっき出てきた職場の近くでも事故があったらしいことを伝えていた。
予約時間を大幅遅刻して病院に到着。途中で電話していたので先生は待っていてくれた。


吹雪く日は私の帰宅を待っていた夫さんは気が気がじゃなかった。
私は渋滞で暇なので、携帯で「今、すっごい吹雪~。時間かかりそう」などとますます心配かけることを言い、ますます一人待つ夫さんを心配させ。

帰宅するなり「うっは~。もう真っ白でね、死ぬかと思った!」と言う私に
「心配でたまらないからそんなこと言うんじゃない。。」と言う夫さん。反省。

朝の「行ってらっしゃい」から誰ともしゃべらず、ただ私を待っていた夫さん。
私は仕事の忙しさから、帰るコールさえ時折忘れていた。

待つ人がいてくれて、お帰りを言ってくれて、心配してくれる人がいて。
そんな日々が本当にかけがえのないありがたいことなのだと知った。
今はとても懐かしい。
[PR]
by kzmblog | 2015-01-28 23:27 | いろいろ | Comments(0)