昔のモノいろいろ・・・・

岩内の周辺には、明治から昭和にかけての古い寺院や建築物がいろいろあります。
二日目はゆっくりと見て廻りました。

岩内の浄土宗のお寺、「帰厚院」です。
阿弥陀如来像は東京以北最大の木造大仏像があります。
b0168830_19265435.jpg


b0168830_1930137.jpg


大仏様も立派でしたが、ちょっとびっくりしたのは、びんづる尊者様という木造の仏様。
手首がずっぽり抜けて、それで痛いところを擦れば治してくださるそうです。
夫さんは胸を私は頭を擦っていただきました。
それにしても、手首が抜けるのには驚きました。

共和町の「かかし古里館」
旧幌似小学校が統合されたあとの校舎に開校当時の教室を復元して展示しています。
昔の生活用具なども展示されていて、懐かしいものもいっぱいありました。
校舎は木造一階建て。
煙突も懐かしさいっぱい。
味の素の古い缶カン。
手回しのミシン。
b0168830_19304748.jpg


b0168830_1931559.jpg


b0168830_2204151.jpg



泊村の 「鰊御殿とまり」
昔のニシン漁に使われた船をはじめとする漁具類、当時の生活用品、古文書などが展示されています。
まず建物の梁が立派なのに目を見張ります。
大きな神棚。
ここにも古いミシンが。これは網元の家族が使っていた、足踏みのシンガーミシンでした。
b0168830_22165172.jpg


b0168830_22171257.jpg

b0168830_22173319.jpg


b0168830_2218359.jpg


少ないモノを大切に思いながら使って来た人たちの気持ちが今見ても伝わります。
今はたくさんのモノに囲まれていますが、大切に大切に使っているかというとそうじゃないですね。
付喪神(つくもがみ)様もだんだん人口が少なくおなりになるのでしょうか・・・・。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
ブログ村に参加してみました。
ぽちっと押してくださいませ。励みにしたいと思います。
[PR]
by kzmblog | 2009-06-07 22:38 | おでかけ | Comments(0)