祖母の琴爪入れ

母のことを書いたので、母方の祖母のことも書いておこうと思います。
b0168830_22303078.jpg

これは、祖母が作ってくれた桃の形をした「琴爪入れ」。
ちりめんで作られています。
日本の昔からの手芸は、花や蝶、鳥、自然を模した、かわいらしい美しいデザインのものが多く、とても好きです。
祖母は歳をとってからようやく自分の余暇を楽しむ事ができるようになった人で、木目込み人形作りやちりめんの手芸を楽しんでいました。
祖母に小さな立雛を作ってもらおうと思っていましたが、手芸を楽しむことが出来たのは数年で、亡くなりました。
今でも、祖母が作ってくれた立雛が欲しくて、雛人形の前で立ち止まってしまいます。
こんなお雛様を作って欲しかったのです。↓
b0168830_22445177.jpg


b0168830_22421146.jpg

ちょっと不恰好ですが、これは私が作った「くくりざる」。
「病去る、災難去る」という縁起から子どもの着物の背につけたり、座布団の四隅、裁縫をはじめたばかりの女の子の糸切ばさみやへらの柄につけたもののようです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
ブログ村に参加してみました。
ぽちっと押してくださいませ。励みにしたいと思います。
[PR]
by kzmblog | 2009-05-09 22:48 | ハンドメイド | Comments(0)